2013年6月9日日曜日

MASTER CP ブラシレス化への道・・・BLHELI編その3(テールモーター選定と信号調査の巻)

まず、レシーバーのテールチャンネルの信号を調べてみました。


PWM信号です。

が、2Khzです。

なんで?  メインローターは500hzでしたがテールは2Khzです。流石warkera。

ともあれ、この信号ならBLHELIはそのままで処理できます。

次にモーターとアンプですが、下記を選んでみました。

Turnigy 1220 Brushless Inrunner Motor 10300kv

plush 10a




標準のブラシモーターと比べると、


かなり小さいですが、標準のブラシモーターの断面が円ではなく変形しているため、ホルダーに入れるためには、小さい寸法にブラシレスモーターの直径を合わせる必要があるためです。


取付方法は考えるとして、これならホルダーには入ります。

ところで、このブラシレスモーターのスペックは、

Dimension: 22mm x 12mm, 30mm(with shaft)
Weight: 8.4g  (kv10300) (not including connectors)
Diameter of shaft: 1.48mm
Length of front shaft: 7mm
Lamination thickness: .2mm

Spec.
Battery: 1 Cell 1S/3.7V

RPM: 10300kv

Max current: 6A

No load current: 3.7V/0.4A

Current capacity: 7A/15sec

Internal resistance: 0.342ohm

Dimensions: 12x22mm

Thrust: 19200
Prop: 2
ESC: 7A
Max Current: 4.3A
Battery Type: 1S Only

となっています。

問題1.

シャフト径、1.48mmとなっています。マスターCPのピニオンを付けてみると、がばがばです。標準モーターの径が1.5mmだと思われ、0.02mm小さいためです。

これは、強力ネジロックで接着をトライしてみます。

問題2.

Max Current: 4.3A
Battery Type: 1S Only

Max Currentは4.3Aと6Aと両方書いてあり、なんだかわかりませんが、1S onlyをどうするかです。
マスターは3Sバッテリーなのでそのままつなぐと萌えそうです。

という事で、いつものmurataのレギュレーターを使ってみることにします。

インプットが14VまでOKで、アウトプットが5.5V、6Aまで使えます。

kvが10300なので、テールの減速ギア比が11:34とすると、5.5vでは18300回転まで回ることになります。(10300×5.5×11÷34)

なんとなくですがテールローターとしては大丈夫そうな気がします。

モーターを取り付けるアダプターを製作し次に進めることにします。



0 件のコメント:

コメントを投稿

誰でもコメントできるように設定変更しました。